前期活動終了ー!

 

こんにちは〜!
運営のとうどうです。
最近、内部報に感想をくれるメンバーが増えてきて、とても嬉しいです😭

あっという間に8月ですね。
夏期活動は11日からです!
その前に、今日は7月に行った前期修了式の報告をしていきたいと思います!
それから今回は、前期総集編になりますので、結構ボリューミーな内容となっております!AXIS2期の前期結果がまるっとわかる内容になっているので、ぜひ最後まで読んでみてください!

 

▽目次

・前期修了式レポート
・前期の結果報告
・メンバー発AXIS内部企画インタビュー
・AXISチームリーダー紹介!
・さいごに

※読みたい部分だけ読んでもいいし、ちょっとずつ読んでもいいですよ!

 

▽前期修了式

 

7月19日に前期修了式を行いました!
修了式は、前期の締めくくりであると同時に、夏期に向けて進む第一歩目でもあります。
その内容を少しおさらいしていきましょう。


(前期修了式のオープニングスライド)

 

前期修了式の内容はこんな感じでした!

 

まずは、前期の振り返り。

メンバーには事前にAXISのクレドに関する振り返りをしてきてもらいましたが、加えて前期の初めに立てた目標に対してや前期の間に得られたスキルに対してそれぞれに振り返ってもらいました。
何度もお伝えしている通り、前期は基礎を固める期間。
やって終わりではなく、振り返りをして学びを落とし込むことが大切です。

コンテンツでは、チームの中で前期の3つのクレドをもっとも体現できていたメンバーを「クレドMVP」として表彰することもしました。

自分の成長を実感できたり、今後の成長の参考にしてくれたりしたら嬉しいです!

 

振り返りをした後は、お待ちかねの夏期活動について詳細の発表!
今年の夏期活動のテーマはこちら。

前期でいろんな学びや成長を経た後、今度は「我が道」を自分で創っていきます。

将来、幸せな家庭を築きたい人、
気になる学問の探究をしたい人、
あこがれの企業で働いてみたい人。

自分の幸せのカタチは人それぞれ。
自分がどんな幸せの価値観をもっていて、将来どんな方向に進んでいきたいのか、自己分析を通して探っていきます。

 

夏期にやることプレゼンの中では、後期活動の3つのコースについても発表しました。
ぜひ、どのコースに進むか考えながら、ワークをやってみてくださいね!

さて、夏期にやることがわかった後は、実際に自分が夏にどんなことをやりたいのか考えていきました!
前期の成長や学びは目標を立てていたからこそ得られたもの。
夏期も目標を持って、活動に取り組んでいきましょう!

夏期活動に入る前に自分が立てた目標とアクションを思い出してみてください!

 

▽前期結果報告

修了式をもって、前期活動が終了したということで、AXIS2期の前期の結果を報告していきたいと思います!

【2期のメンバー数】
 前期開始時:100名
 前期終了時:96名
 男女比:1対1

 オンラインにも関わらず、アクティブ率90%を超える驚きの数値となりました。

https://twitter.com/rinda_edukuma/status/1288069463586115584?s=20

 

【前期企画結果】
 様々なジャンルを含んだ全16企画を立案&実施 
 総集客数:98名

 こちらも初のオンライン企画という試みでしたが、中には15名以上の集客に成功した企画もありました!

 

【前期満足度アンケートより】

全15項目から、AXISが特に大切にしている3項目を報告させて頂きます!

 

Q1:前期活動を通し、挑戦のハードルは下がりましたか?

Q1:理由を教えて下さい(アンケートからそのまま抜粋しています)

・失敗しても良い環境があるし、自分にもなにができるんじゃないかとやる気に駆られるから

とりあえずやってみようという意識が芽生え始めました。負担が少なく継続できることからはじめていって、力をつけていきたいです。

・挑戦しないと見えてこないことがたくさんあるということがわかりました。

・挑戦のハードルは下がったしどう行動すべきかはわかった。しかし自分でするとなるとまだ出来るかどうか難しい。

・どんな事でもいろんなことに挑戦しようと思えた。初めは難しいと思っていた企画を成功させられたから

・意外とやってみたら出来るということがわかったと思います。もちろん出来ないこと、難しいこともたくさんありましたが、メンバーやメンターさんに相談したりして何とかなったことも多かったので、まず挑戦することが大事だと思いました。

自分に自信がつき、挑戦することに対しての恐怖?というものがあまり感じなくなった。今までは失敗することを恐れて挑戦できなかったけど、今は失敗から学べることが多いことを知っているので挑戦に対して前向きなイメージができた。

 

Q2:前期活動を通して価値を与える楽しさを知ることが出来ましたか?

Q2:理由を教えて下さい

・イベント終了後のアンケートで参加者の方々に嬉しい感想をいただいたことはとても楽しかったです。ただ、後期はもっと多くの人に感動を与えたいなと感じました!

・価値を与える楽しさを知ることはできたが、まだ顧客を100%満足させるには不十分な点があったので。

みんなでめちゃめちゃ考えたことをお客さんに伝えること、伝わった時の共感?みたいな共鳴?わからんけどなんか一つになった感じがよかった(語彙力、、😇すいません)

イベントが終わった後のアンケートを見て、参加者が価値を感じてくれていることを実感してすごく嬉しかったしゾクゾクしました。そこから僕は自分の経験に価値があるのかを考えてそれを伝えることで人を動かしたり、喜んでもらえるようになりたいなと思うようになったからです。

イベントに参加した人の感想を読んで、私たちが目指していた目標が達成されたと分かるような感想があり、うれしかったという感想と共に、楽しかったという思いが込み上げてきたから。自分たちで0から作ったものが人に喜んでもらえることはこんなにうれしく楽しいことなのだと実感することができました。

・参加者の人達に参加して良かったなどいってもらえたことで企画書90枚以上分、試行錯誤して企画作りしてきて良かったと思えた。誰かに価値を与えることはこんなに嬉しくて楽しいことなんだなと知ることができた。初めは企画作りが大変でしんどかったけど、途中からワクワク感の方が強くなった。

 

Q3:前期活動を通して仲間とともに頑張る理由を知ることが出来ましたか?

Q3:理由を教えて下さい

自分がやったことに対して反応してくれたり、気づかなかった部分を指摘してくれたり行動したりしてくることが、やる気、モチベーションになるし、喜びやつらさを共有できる人がいるのはいいなと感じたから。

・じぶんだけではほんとうにできない、、みんなが違う考え方をするからこそ見えてくることもあるし、ひとりひとり役割を果たしていくことでコンテンツ何倍も濃くなる。人間的にもめちゃめちゃ深くなれる。仲間すごすぎやろって思った笑

仕事を分担して行えることによって、さらに上の段階の行動に移せたことが良かった。仲間がいることでより責任感を感じたり、安心感を感じられたのが自分の行動に影響を与えてくれたと思う。個人でやるよりも発見や楽しさ、大変さ、苦しさがあり、それら全てが今では面白かったなと思う。

1人では不可能だったことでも、数人集まってチームを組めば可能にできるということを分かっていたようで実は分かっていなかったのかもしれないと、活動を通して感じました。これまで私は自分の役割や言われたことだけをやっていたので、積極的な行動が足りていなかったのではないかと思ったからです。しかしチームで企画を成功させるためには当たり前だけど言われたこと以上のことを主体的にやっていくことも必要だったんだなと学びました。

・今まで学校の決め事でも敬遠して参加したこと無かったが前期でしてみると躓くこともあったがみんなで協力してそれを乗り越えることがHow interesting!!とわかったから!

・色んなことがあったので、なにから書いていいか分からない笑 妥協することなく企画作りできたのは、仲間と頑張ってきたからで、自分1人では到底できないことでした。メンバーそれぞれ、いろんな考えがあってつまづくこともあったけれど、それがなかったらここまでいい企画は作れなかったと思うし、私も成長することは出来なかったと思う。毎日夜遅くまで電話しながらメンバーと一緒に考えて作業したり価値観について話したり、おしゃべりしたことは大事な思い出になった。

 

いろんな感想やコメントをいただき、ありがとうございました!
前期の間、一緒に歩んでこれたことを本当に嬉しく思います。
夏期・後期もみんなの挑戦をサポートできるように、運営も引き続き頑張っていきます!
共に我が道を創っていきましょう!

 

▽メンバー発AXIS内部企画インタビュー

実は前期の終わりにとある企画がメンバーから誕生、、、!

(メンバーがslackに載せてくれた企画告知メッセージ)

 

その名も『TEDx AXIS』。
あの有名なプレゼンテーションコンテンツを、AXISで企画してくれました。
今回は企画を立ち上げてくれた、AXISメンバーの「のうとく」くんにインタビューをしてみました!

 

【とうどう(運営)】早速ですが、今回企画してくれた「TEDx AXIS」の概要をおしえてください!

【のうとく(メンバー)】企画名は「TEDx AXIS」です。名前はTEDっていうプレゼンのカンファレンスに文字ってつけました!TEDの形式にならって、自分の伝えたいことについてプレゼンする企画です。

【とうどう】今回なぜ企画しようと思ったの??

【のうとく】(7月にあった)1期生の座談会でgiveすることの重要性を話していたのを聞いて感銘を受け、自分もgiveできないかな、知的な好奇心をgiveするっていうのを企画できないかなって思い、企画しました。実は、(AXISで)TEDをやりたいっていうのはもともとあって、いつ出すかタイミングを狙っていました笑 前期は班のメンバー以外とはあまり関わりがなかったので、企画以外で真面目な話をすることがやりたいと思っていました。

【とうどう】なるほどね!実際企画してみてどうだった?

【のうとく】みんな意外としゃべるなと思いました!笑(良い意味で) slackに企画を投稿したときはあまりみんなのリアクションがなかったけど、意外と参加してくれたり、当日聞く側として参加してくれた人がいたのもびっくりしました。


(こちらは当日のスライド。かっこいい、、、!)

【とうどう】ちなみにのうとくくんはどんな内容のプレゼンを発表したの?

【のうとく】「賢者の帝王学と愚者の哲学〜孔子と老子〜」です。

【とうどう】癖が強い笑 

【のうとく】名前が尖ってたのはすこし反省しています笑 

【とうどう】ちなみにどうしてそのテーマにしたの?

【のうとく】ハマっているっていうのもあるんですが笑、AXISっていい意味で意識高い人が多いと思うんですよね。社会に貢献することや人にgiveする意識を持っている人が多い。僕もgiveすることに賛成ではあるのですが、giveすることに無理しすぎなくていいよっていう考え方も歴史上あって。それを伝えることで、AXISの人の生き方がどちらかに偏らないように相対化できないかなって思って、このテーマにしました。

【とうどう】なるほど、そんな意図があったんだね!ちなみに他にはどんなテーマが?

【のうとく】他には「私の発見とやりたいこと〜前期の活動を踏まえて〜」「プレゼンは演じよ」「僕のリーダー論ver.1.1」とかがありました。みんな意外と喋ってくれて、登壇者は6人だったので1時間くらいで終わると思っていたら、2時間まるまる使っちゃって笑

【とうどう】盛り上がったんだね笑 今後の展望とかやりたいこととか考えてたりする?

【のうとく】今回は前期リーダーをしていたメンバーが多くて。(性格的にもやっぱり積極的な人が多いからだと思うのですが)半分くらいはリーダーの人だったので、次回は前期メンバーだった人にももっと参加してもらえるような場をつくりたいです。

【とうどう】ぜひ楽しみにしています!今日はありがとう!

【のうとく】ありがとうございました!

 

今回のように、メンバー発の企画が生まれるのはとても嬉しいこと😊
夏期は学校もお休みになって時間ができると思うので、メンバー同士の交流の時間がもっと作れるといいな〜と思っています。
もし「こういうのやりたい!」「こういうのあったら嬉しい!」という企画があったら、ぜひ積極的に運営に声をかけてくださいね!👍

 

 

最後のコンテンツはリーダー紹介!

▽AXISチームリーダー紹介!

前期の間頑張ってくれたリーダーを紹介していきます!

リーダーのみんなには、

①前期企画の内容を一言で
②どんなリーダーでありたいか
③前期の間リーダーをやった感想

について、教えてもらいました!
遅くなってしまいごめんなさい😭 ついに完結です!

 

りお・立命館大学【15班】

①「海外挑戦してみたいけど前に進み出せない…」という大学生の背中を押すことができるようなイベントを企画しました✈️ 🌏

②チーム全体が目標に向かって進む時に、共に歩めるリーダーでありたいと思っています。そのためメンバーのことを知り、メンバーにあったチーム作りを進められる方法を模索しています。また今はパッションを持った熱いリーダーに憧れています✨

③前期リーダーとしてイベント設計に携わり学んだことは多くありました。今回は2点に絞ってお話しさせていただきます。
1つ目は”リーダーは偉くない”です。リーダーとは決定を下したり、指示を出すだけの存在ではありません。事前に会議の流れを組み立てたり、メンバーを励ましたりと見えない所でいかに動けるかが重要です。何度も悩みながらメンバーのために何が出来るのか考えることがリーダーには求められます。
2つ目は”メンバーと共に歩む”です。私は月一コンテンツでの相互フィードバックで、メンバーから仲間をもっと見るべきだと指摘されました。リーダーが仲間の得意なこと、逆に成長したいと感じていることを把握することでチームとして動きやすくなり、かつ成長することができます。また仲間に頼ることでより信頼できるチームとして動けることをメンバーとメンターのお陰で学ぶことが出来ました。
最高ではなく最善を目指しながら、メンバーのためにお互いが働くチームを理想としてリーダーを務めた経験が強く実感している私の成長です。

 

メンターからひとこと

りおは頑張り屋さんで真面目なリーダー!かと思いきやモノマネでみんなを笑かせてくれるお茶目な一面も。笑 一人一人とのコミュニケーションを大事にしている温かさを持った女の子です!(りお) ※奇遇にも同じ名前ですね笑

 

スシパニ・桃山学院大学【2班】

①私たちのチームは
✓GAFA入社に興味があるが
✓今何をしたら良いか分からない
という学生をターゲットにした、GAFA入社に向けた学生生活を歩めるようにするための「学生のための世界一やさしいGAFA説明会」を企画しました!

②私は、お互いが尊敬し合えるチームを作るために、メンバーの得意を生かす環境を支えたいと考えており気軽に話してもらえるような良い意味でリーダー過ぎないリーダーを目指しています🦀

③メンバーとのミーティング時間外でも考えなくては行けないことが多く、常にイベントのことを考えていたので本当にあっという間でした。前期活動前はグループワークをする上でのメンバーとの関わり方や企画の作り方を学びたいと考えていましたが、終わってみると自分を見つめ直す時間が多くあった印象でした。これからの自分の進路を考えていく上で非常に良い時間だったなと感じています。

 

メンターからひとこと

スシパニはいつでも明るくて、リーダーとして最後まで2班のみんなを引っ張ってくれました!
いつでも自分のダメなところをを改善しようとしたり、チームがよりよくなるためにどうすればいいのかを考え続ける姿はとても印象的でした!!(うでー)

 

ひろと/ひろちょ・大阪大学【13班】

①「新しく何か挑戦したい、だけど何から始めたらいいかわからない」そんな人がきっかけを掴めるような、先輩との座談会を企画しています。

②「リーダーがいらない」そんなチーム作りができるリーダーになりたいです。(リーダーはチームを円滑に回すサポートをするだけ、というのが今のところ自分の理想です!)

前期‘’リーダー”をして感じたのは、熱量ある仲間と取り組むからこその面白さと難しさです。リーダーが動かなくても多様な意見が出たり、役割分担をしても滞りなく各役割が遂行されていくので、チーム全体としてはかなり高いレベルに企画をまとめあげつくりこめました。一方で熱意があるためにオーバーワーク気味になる人や、逆に仕事が少なく持て余す人もいました。熱意がある仲間だからこそ何を任せどこまで助け合うのか、その調整の難しさを身をもって学びました。

 

メンターからひとこと

頭の回転の速さと落ち着いた姿勢でイベントを成功に導いてくれました!
リーダーとしても個人としても上質な気付きに出会えたので、後期が楽しみです!(かい)

 

リーダーの皆さん!前期の間本当にお疲れさまでした!

 

▽さいごに

最後まで読んでくれてありがとうございます!
改めて、メンバーのみんなと共に前期の間を過ごせたことをとても嬉しく思います。
出会って3ヶ月くらいですが、この短期間でもいろんな学びや成長を間近で見ることができました。

夏期は11日から始まります。メンターもメンバーもがらっと変わってのスタートです。
それぞれの「我が道を創る」サポートをしていきたいと思っているので、これからもよろしくおねがいしますね!

それではまた定例会で!
次回もお楽しみに!
ぐっべ〜!✋

 

内部報の中でなにかやってほしい企画や、AXISに関する質問など受け付けています!
内部報の感想もお待ちしております🌟

 

※企画は内部報のコンセプトにあえば、実装していきます!

https://forms.gle/jFHADErVH2F5P16r7

 

P.S 最近感想をくれるメンバーが増えてきて、とても嬉しいです!楽しく書かせてもらっていますが、感想があると励みになります🙏 感想をくれた子たちありがとう!

P.S2 その感想の中にこんなものがありました。
『毎回読んでるんですがどうぶつの森的なゆるさがあって、かつ内容も振り返りや新情報の詳細など濃くて面白い取り組みです!』
どうぶつの森的ゆるさ、、、🦊 褒め言葉として受け取っておきます😊

P.S3 メンバーのことをもっと知りたいという声が多いですね!夏にいろいろ企画を出来たらいいなと思っています!

コメントを残す