運営自己紹介、ついにラストです!

ラストを飾るのは、この2人〜〜!

 

村岡新之佑

 

はじめまして!

関西ビジネス企画サークルAXISのむらしんこと村岡新之佑ともうします!

 

関西学院大学に通っている商学部二年生です!

 

今回はむらしんとはどういう人間なのかを知っていただけたらなと思います!

まず価値観について!

 

僕は、「何か頑張りたい人、目標がある人が周りの環境に潰されるのではなく、その人らしく生きる手助けがしたい」という思いがあり、今、活動しています!

 

むらしんは高校生の時から、「社会人になったらなんも面白くないで」とか「大学生の間しか楽しまれへんねんから遊び尽くしときや」とか言っている大人に対して疑問を持っていたんですね。

 

社会人になっても楽しく生きていたいし、もちろん大学も楽しく過ごしたいし、そうじゃないと生きてられない。

 

そんなことを思いながら大学に入学したむらしんは周りの人とのギャップをすごく感じていました。

 

周りの人たちは、社会人になったらしんどい。とか、楽しくない。みたいなのを信じきって、自分が好きな生き方をするかことを諦めている人ばかりで、自分なりに生きていこう。という人はほとんどいなかったんです。

 

そして、周りとのギャップを痛感するとともに、自分なりに生きていこうとしている人が周りとのギャップに苦しみ、自分を押し殺し、本当にやりたいことを十分にできていない人がいるのを目の当たりにした。

 

そんな時にぼくが企画したのは、「STAIR」という自己分析系ワークショップイベント。

 

このイベントのターゲットは、

何か頑張りたいけど、自分が何をしたいのかわからない。という人。

 

そんな人に、自分のやりたいことを言語化し、挑戦の一歩目を踏み出すきっかけを作ってもらいたい。

 

そんなイベントでした。

 

結果は、、、

大成功!!!!

 

イベント後に、

改めて自分を見つめ直して本当にやりたいことが分かったと言ってもらえたり、

物づくりを通して地域活性化に貢献したいという目標への一歩目として大学に学生が自由に使えたり授業で使うような物づくり専用の部屋を新たに作った方がいたり、

参加者の方の挑戦の後押しをすることができたイベントにすることができました!

 

そして現在もむらしんの価値観に基づいて活動しています。

 

AXISには、なにか頑張りたい!、挑戦したい!、起業したい!、大学の間になにかしたい!という人がたくさんいます。

僕は、そんな自分なりに生きようとしている人を応援したい。後押ししたい。

 

だから関西AXISの運営をしています!

2020年、二期生の挑戦を後押しできるよう、これからさらに頑張っていきます!

そしてもちろん、僕自身の挑戦に対しても突き進んでいきます!

 

まだまだ未熟なむらしんですが、これからよろしくお願いします!!


 

山下侑希

 

大阪市立大学商学部2回生の山下侑希です!色々あってもこみちと呼ばれています。話すと長くなるので気になる人はぜひ由来を聞きに来てください!

僕はAXISの運営として活動しているだけでなく、部活でラクロスもしています

写真の97が僕です。部活もAXISもバイトもやるのって大変なこともあるのですが、楽しいことってどんなにしんどくても続けれるもので、1年以上1つも捨てずにここまで来れました。

 

趣味

趣味はゲームとアニメを見ることです。深夜に録画しておいたアニメを翌日の朝にご飯を食べながら見ることが僕の幸せなひと時です

性格はよく周りから変人といわれます。実際に変な人間なので人とは少し違ったことをしたがります。でもそれもまた個性と思っている僕は本当におかしな人間なのでしょう

 

これまでの話

これまでは

・地方創生に関するイベント

・社会人劇団の経営改善の提案

・古市古墳群のガイドマップ作成

 

などをやってきました。特に印象に残っているのは劇団の経営改善で、何十万という単位のお金を相手に毎週あれも違うこれも違うと途方もない目標に向かって動いていました。ただ、提案書が完成しその提案を劇団の大人の人に受け入れてもらえたのは、大学生の考えたことでも大人に通用するんだという自信につながりました

これからの話

 

少し自分の出身の話をします

僕は兵庫県の佐用町というところで生まれ育ちました。どんなところかというと、見渡す限り山山山、あたり一面には田んぼが広がり夜は蛙の大合唱。そんなド田舎から大阪に来た僕。いきなり大都会にやってきて、初めに感じたことは「大阪やべー、なんでもあるやん」です。でも同時に田舎の良さにも気づいたのです。確かに田舎は不便だけどたまに行く場所としてはすごくいいところだなと感じました。

その田舎の魅力を都会でずっと過ごしてきた人に伝えたい!!

そう思いそれを達成するための活動をしていこうと思っています

 

なぜ運営をやるのか

 

今はAXISでメンターとして2期生のみなさんのサポートをさせてもらっています

なぜ僕が運営をやっているのかというと、

・周りの人に価値を与える喜びを知った

・自分をもっと高めたい

この2つが大きな理由です。1期生としての活動を通し、イベントなどで人になにか価値を与えたときに「楽しかった」と言ってもらえたことがすごくうれしかったです。自分が誰かの喜びの手助けを出来る。そこに僕は喜びを感じました。

また、運営というのは最高の成長の場でもあります。人に何かを教えるということは自分も成長します。教えた方が勉強の理解度が上がるのと一緒ですね。僕はまだまだ未熟な人間です。だからこそ運営を通して自分を高めたいと思いました

 

「大学生になったんだからAXISだけじゃなく部活やサークル、バイトもしたい、、、」

という、いろんなことに挑戦したいという人はぜひ僕と話しましょう!!

 

僕はAXISだけではなく部活もバイトもやっているので、やりたいこと全部やりたい人は僕と一緒にやりたいこと全部を全力で頑張りましょう!!

 

こんな自分ですが、これから一緒に頑張っていきましょう!


 

さて、運営自己紹介全6回、いかがでしたでしょうか?

AXISを運営しているメンバーがどんな人達で、どんな思いをもって活動しているのか、少しでも知ってもらえたら嬉しいです!

ぜひ今後の活動の中でたくさんお話しましょう!

 

(なお、こちらはメンバー向けに書かれた紹介文をWEBサイトのブログにも掲載したものです。日常の一コマを感じてもらえると幸いです!)

コメントを残す